診療科・部門のご案内 Facilities

救命救急センター

救命救急センターの理念

「当院は救急医療機関として地域の救急医療に全力で取り組みます。」

       

救命救急センターの入り口です。 重症救急患者さんは、まず、救急外来で診察を受け、入院治療、緊急手術等が必要な場合は、 さらにICU、救急病棟などでの治療等を受けることになります。
ICUには、呼吸監視用モニタ、人工呼吸器、人工心肺装置、などが完備されており、 重症患者さんに対しての臨機応変の対応が可能です。

救急医療は、当院が取り組んでいる最も重要な課題です。
救急医療といっても、その内容はいろいろです。外来診療のみで十分な初期救急(一次救急)、入院治療を要する二次救急、そして、直ちに十分な対応をしなければ、生命が危ぶまれるような三次救急。

showa-0397

当院の現在の救命救急センターは、南館1階の救急外来と南館2階のICU、救急病棟で構成されています。 重症救急患者さんは、まず、救急外来で診察を受け、入院治療、緊急手術等が必要な場合は、 さらにICU、救急病棟などでの治療等を受けることになります。

ICUには、呼吸監視用モニタ、人工呼吸器、人工心肺装置、などが完備されており、 重症患者さんに対しての臨機応変な対応が可能です。

    

関連リンク

当院の救命救急センターのホームページを作成いたしました。
下記からご覧ください。
※当院ホームページとは別のサイトが開きます。
公立昭和病院救命救急センターホームページ