診療科・部門のご案内 Facilities

代謝内科

糖尿病・内分泌・代謝内科は、それぞれの専門性を発揮する観点から、2つの診療科として平成29年度に再編されました。
糖尿病・内分泌内科のご案内は、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

・糖尿病・内分泌内科はこちら

1 診療科紹介

(1)内分泌代謝疾患(副腎疾患など)、(2)二次性高血圧や治療抵抗性高血圧などの高血圧疾患、(3)内分泌代謝領域を中心にした遺伝性疾患への対応が可能です。

患者さんと一緒に、個々の患者さんの事情も考えながら、最適な医療を行うように心がけています。また、生活習慣病や高齢の患者さんなどには、必要に応じて生活習慣の具体的な指導も行います。(食事指導、禁煙指導、睡眠衛生指導、サルコペニアやフレイル対策など)

2 取り扱う主な疾患

(1)に関しては、内分泌代謝疾患の中でも、特に副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、サブクリニカルクッシング症候群、褐色細胞腫、アジソン病、副腎皮質酵素欠損症、副腎偶発腫、副腎皮質癌)を中心に対応をいたします。

(2)に関しては、二次性高血圧や治療抵抗性高血圧の鑑別診断と治療を行います。内分泌性高血圧だけでなく睡眠時無呼吸症候群や腎性・腎血管性高血圧、薬剤性高血圧など包括的な診断ができます。各科と連携して各疾患の最適な治療をめざし、包括的な心血管系リスク管理と生活習慣の指導を行います。

(3)に関しては、内分泌代謝領域の様々な遺伝性疾患に対応します。内分泌代謝領域以外の疾患の場合には、専門診療科との連携のもとに対応をいたします。患者さんご本人に加えて、ご家族や血縁者の方々にも配慮をして、必要に応じて遺伝カウンセリングを行います。より良い未来を一緒に迎えられるような診療を心がけています。

3 診療時間と予約について

【受付時間】:午前8時30分~午前11時

【診療時間】:新患 9時30分~(火曜日、金曜日)
完全予約制のため、予約がない場合には当日診察できないこともあります。また、新患でお越しの場合は、診療・検査に関する情報(紹介状など)を必ずご持参くださいますようお願いいたします。
【再診予約専用電話】:予約専用電話 042-461-4890 午後2時~5時(平日のみ)

4 外来担当表

外来担当医表はこちら

5 医師紹介

代謝内科

氏名 プロフィール

部長事務取扱
藤田 彰
(ふじた あきら) 

血液内科をご参照ください。

担当部長
髙橋 克敏
(たかはし かつとし)

【専門分野】
 内分泌代謝学
 高血圧学
 臨床遺伝学
【資  格】
 日本内科学会 総合内科専門医/指導医
 日本内分泌学会 内分泌・代謝科専門医/指導医
 日本高血圧学会 高血圧専門医/指導医
 日本甲状腺学会 認定専門医 
 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医
 日本禁煙学会、禁煙サポーター 
【出身大学・医局等】
 東京大学 昭和63年卒
【ガイドライン委員等】
 平成18年度、日本内分泌学会 原発性アルドステロン症の診断基準作成と治療指針作成委員会(委員)
 平成19年度~、日本内分泌学会 悪性褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成委員会(委員)
 平成21年度~、日本内分泌学会 原発性アルドステロン症ガイドライン実施の実態調査と普及に向けた標準化に関する検討
 平成24年~26年、日本内分泌学会専門医認定部会 内科試験小委員会委員(ブラッシュアップ委員)
 平成26年~28年、日本内分泌学会専門医認定部会 内科試験小委員会(領域別責任者)
 平成26年~28年、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)(専門委員)
 平成29年度、AMED難治性疾患実用化研究事業「重症型原発性アルドステロンの診療の質向上に資するエビデンス構築」研究班(研究開発分担者)
 平成29年度、厚労省、難治性疾患等政策研究事業「副腎ホルモン産生異常に関する研究」(研究分担者) 

6 当科で実施中の研究一覧

・研究名:副腎ホルモン産生異常の実態調査、診断基準・重症度分類・診療指針の作成
 [厚生労働省 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)]
 研究期間:2017年12月~2022年3月 
 主な研究機関:慶應義塾大学医学部小児科学教室 
・研究名:重症型原発性アルドステロン症の診療の質向上に資するエビデンス構築 
 [日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)] 
 研究期間:2015年6月~2021年12月 
 主な研究機関:国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 
・研究名:遺伝性褐色細胞腫・パラガングリオーマ症候群(HPPS)の遺伝子解析の方法と評価に関する研究 
 研究期間:2017年1月~2018年3月 
 主な研究機関:筑波大学医学医療系臨床学域 
・研究名:思春期異常における原因遺伝子の検索 
 研究期間:2016年1月~2020年12月 
 主な研究機関:東京大学大学院医学系研究科小児医学講座 
・研究名:先天奇形症候群における遺伝的原因の検索 
 研究期間:2018年1月~2021年3月 
 主な研究機関:国立成育医療センター 
・研究名:難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究 
 研究期間:2018年4月~2022年4月 
 主な研究機関:信州大学医学部耳鼻咽喉