リハビリテーション科

  リハビリテーション科 概要

 

取得している疾患別リハビリテーション料

 

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)

運動器リハビリテーション料(Ⅰ)

呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)

心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)

がん患者リハビリテーション料

廃用症候群リハビリテーション料

 

スタッフ構成

                                

医師:2名

理学療法士:18名

作業療法士:5名

言語聴覚士:6名

事務:1名

助手:2名

 

各種資格取得者数

認定理学療法士(脳卒中):1名

認定理学療法士(運動器):1名

認定理学療法士(スポーツ):1名

認定理学療法士(呼吸):1名

認定理学療法士(循環):1名

3学会合同呼吸療法認定士:5名

心臓リハビリテーション指導士:1名

アスレティックトレーナー:2名

介護支援専門員:1名

福祉住環境コーディネーター:2名

日本サッカー協会公認D級指導者ライセンス:1名

日本サッカー協会公認サッカー4級審判員:1名

がんのリハビリテーション研修修了:15名

 

所属学会

                               

日本リハビリテーション医学会

日本理学療法士協会

日本作業療法士協会

日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

日本心臓リハビリテーション学会

日本心不全学会

日本救急医学会

日本集中治療医学会

日本新生児成育医学会

日本臨床スポーツ医学会

日本スポーツ協会

 

 

主な取り組み

 

急性期リハビリテーション

                         

当院はICUHCUSCUCCUNICUGCUMFICUを有し、三次救急医療機関の急性期リハビリとして早期に理学療法・作業療法・言語聴覚療法を提供しております。ほぼ全ての診療科から依頼があり、カンファレンスを実施し、退院支援を積極的に行っております。リハビリテーションセンターは6階に位置しており、景色がとてもよく、天候がよい時は、屋上トラックでの練習も行えます。SCUでは専任スタッフが配置され、早期から多職種と包括的な脳卒中リハビリを実施しております。脳血管疾患、運動器疾患やがん周術期においては術前よりリハビリを行うことも多く、術後早期より介入が行えております。また、救急救命センターに入院した患者さんのリハビリを早期から開始し、専門病棟に移動後のリハビリや退院支援を継ぎ目なく行っております。

 

心大血管リハビリテーション 

                          

循環器内科と心臓血管外科の入院患者さんを対象に、多職種協働でADLやQOLの改善、再発予防に努めております。循環器内科では、心不全、急性冠症候群、大血管疾患など多岐にわたり介入をしております。心臓血管外科では、開心・開腹手術の全例に対し術後翌日より早期運動や離床に努めております。心肺運動負荷試験は医師、理学療法士、臨床検査技師で実施し、運動処方をもとに継続した運動を支援しております。

 

ADL維持向上等体制加算 

                         

2つの病棟で専従と専任理学療法士を配置しております。当院のチーム医療を促進する理念に合わせて、医師・看護師・薬剤師・栄養士・退院支援部門・臨床工学技士などの多職種と密にコミュニケーションを取れるように、病棟に常駐する環境を整えました。その中で主な役割は、入院患者さんのADL(歩行、食事、排泄など)の評価、廃用予防、褥瘡予防、転倒予防、退院支援などに対して入院初日から退院まで迅速に対応し、リハビリテーションの専門性を生かして活動しております。

 

早期離床・リハビリテーション加算

                      

当院のICUは8床全てが特定集中治療室であり、早期離床・リハビリテーション加算を算定しております。年間約450~500例のICU入室患者さん全例を対象に、プロトコルに基づき、多職種のチームで早期運動・早期離床を行っております。ICUでは、専任理学療法士が配置されており、カンファレンスに毎朝参加して迅速な情報共有はもちろんのこと、ICU退室後のリハビリが継ぎ目なく実施できるように努めております。2018年度はチームでの活動がより活発になり、ICU在室日数や在院日数の大幅な短縮がみられております。

 

院内のチーム活動

                              

呼吸サポートチーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チーム、緩和ケアチーム、排尿ケアチーム、感染対策チームに参加し、チーム医療に取り組んでおります。

 

 

実績(2018年度)

 

 

   

 

 

研究と教育(2018年度)

 

研究

                                    

【学会発表】

・重症褥瘡患者に対する姿勢の工夫と多職種連携による疼痛管理がADL改善に寄与した一症例 

(第8回 東京都理学療法士協会 北多摩ブロック学術集会. 田中佑樹 他)

 

・ADL維持向上等体制加算による病棟専従理学療法士配置の褥瘡予防効果

(第20回 日本医療マネジメント学会学術集会. 安田耕平 他)

 

・リスクマネージメント委員会における転倒転落事故発生削減活動第一報 -転倒転落オカレンスの質的研究分析-

(第57回 全国自治体病院学会. 安田耕平 他)

 

・当院における集中治療室の早期リハビリテーションの現状 ~専任体制としての取り組み~

(第2回 日本集中医療医学会 関東甲信越支部学術集会. 川村雄介 他)

 

・心停止後症候群における集中治療領域の心臓リハビリテーションの重要性

(第24回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会. 川村雄介 他)

 

・左大腿壊死性筋膜炎発症後、局所陰圧装置を用いた持続洗浄を施行した症例に対するリハビリテーションの経験

(第2回 日本リハビリテーション医学会 秋季学術集会. 和田朝也 他)

 

・当院における新生児リハビリテーションの変遷

(第63回 日本新生児成育医学会学術集会. 奥田拓也 他)

 

【論文】

・病棟専従理学療法士配置による転倒転落予防効果  -ADL維持向上等体制加算算定病棟における検討-

(理学療法ジャーナル. 52巻12号.2018年.安田耕平)

第30回 理学療法ジャーナル賞 準入賞

http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03324_03

 

 

 

院外の講演会

                                   

トランスファーとシーティング、ロコモティブシンドロームとサルコペニア、ADL維持向上等体制加算に関する内容などの院外講演会を行いました。

 

学生の実習受け入れ状況

                              

理学療法学科 <評価実習1件、臨床実習3件>

 

 

 

その他

 

リハビリ機器の紹介

                                  

当科では、免荷機能付き歩行器、可変式エルゴメーター、ベルト式神経筋電気刺激装置、自動車運転シミュレーター、腹臥位自走式車椅子など様々な機器の採用を行っております。

 

 

リハビリテーション科の見学をご希望の方は、

お気軽に代表番号(042-461-0052)にご連絡ください.