診療科・部門のご案内 Facilities

1 診療科紹介

 当院は北多摩地区唯一の三次救急病院、および高度急性期医療センターであるという特徴から、急性期外傷診療を主軸としながら、各医師の専門領域を活かした診療を行っています。日常生活、スポーツ、交通事故や労働災害などでによる外傷に対し、迅速に対応し適切な医療を提供します。特に高齢者の大腿骨近位部骨折は、救急外来、手術室、麻酔科の協力のもと、できるだけ早く手術する体制を整えています。急性期外傷に対する保存治療(非手術治療)も行ないますが、適切な時期に近隣の医療機関に診療を引き継ぎます。

 当院の地域における責務として、救急・急性期対応を行うこと、精査と正確な診断、手術適応の判断および治療方針を明示すること、手術を行い周術期管理を行うことが挙げられます。従って、高齢者外傷などで早期に自宅への退院が困難な場合、術後2週を目安に地域連携病院への転院(リハビリテーション継続などを目的とする)をお願いしています。また、骨粗鬆症など定期的な通院が必要な疾患に関してはかかりつけ医に診療継続をお願いし、病診連携を積極的に行うようにしています。

 腫瘍を専門としている医師が不在のため、骨軟部悪性腫瘍や原発不明の転移性骨腫瘍に対しては、専門とする医療機関にご紹介しています。

2 取り扱う主な疾患

 外傷一般(大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折、手関節骨折、脊髄損傷、椎体骨折、骨盤骨折、その他四肢各部位の脱臼、腱損傷、靭帯損傷など)、脊椎疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症など)、変形性関節症、スポーツ外傷・障害など、難治性骨折(偽関節、変形癒合など)

トピックス

<脊椎脊髄外科診療 (藤井医師, 小川医師)>

2019年4月に藤井医師(脊椎脊髄病学会認定指導医)が赴任し、脊椎脊髄外科診療を本格的に開始しました。

手術例:頚椎椎弓拡大形成術(ラミノプラスティ)/頚椎後方除圧固定術(頚椎後縦靭帯骨化症手術)、頚椎椎間孔拡大術、頚椎前方固定術、環軸椎/後頭骨除圧術/固定術,胸腰椎除圧術(腰部脊柱管狭窄症に対する)/ヘルニア摘出術、黄色靭帯骨化症手術、PLIF、XLIF/OLIF(側方進入前方椎体間固定術)、X-Core(側方進入椎体置換術)、BKP(経皮的椎体形成術;圧迫骨折・椎体骨折に対する)、腰仙椎後方固定術、低侵襲経皮的後方固定術(PPS)、FED/FESS/PED(経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)、椎間板酵素注入療法(ヘルニコア)

・全ての手術に術中神経モニタリングを併用し、安全第一に手術を行なっています
・腰椎除圧術/椎間板ヘルニア摘出術は安全/低侵襲を目的に顕微鏡下手術を第一選択にしています
・英語のみでの診療が必要な患者さんにも対応いたします(藤井)
・難症例には、更に経験豊富な筑波大学付属病院スタッフを招聘しています
・特殊な技術を要する髄内腫瘍・思春期特発性脊柱側弯症、脊椎腫瘍根治術などは、より専門性の高い施設に治療を依頼する場合があります
・BKP,椎間板酵素注入療法(ヘルニコア)にも対応しています

<人工股関節置換術(THA)(中谷医師)>

2020年4月に股関節を専門とする中谷医師が赴任し、人工関節手術を担当します。

・仰臥位前側方アプローチによる筋腱完全温存THAを行っています(変形が強い難症例の場合は他のアプローチとなる可能性があります)
・筋腱完全温存により術後禁忌肢位を極力設けていません
・仰臥位手術はこれまでの側臥位手術に比べて、症例ごとの骨盤前傾に合わせたカップ設置や正確な脚長補正が可能です
・症例の骨形態や骨質に応じて適宜、骨セメント使用を検討します
・筑波大学整形外科と連携し、高位脱臼股や再置換術にも取り組みます

3 診療時間と予約について

【受付時間】:午前8時30分~午前11時
【診療時間】:午前9時~
【予約のお電話】:初診予約電話 042-461-489 午前9時~午後5時(平日のみ)
        :再診予約電話 042-461-489 午後2時~午後5時(平日のみ)

月・火・木曜日は初診患者さんも含め完全予約制です。初診の方は、なるべく紹介状を持参してください。予約のある方、紹介状のある方の診察を優先します。予約をされていない方は、長時間お待たせすることがありますが、ご理解をお願いします。

急性期外傷の方は紹介状なしでも診察をします。外来スタッフが緊急性を判断して診察順を調整しますのでご了承ください。

4 外来担当表

5 医師紹介

氏名 プロフィール
部 長
李 小由
(り さより)

【専門分野】
 膝関節外科
 スポーツ外傷
【資  格】
 日本整形外科学会整形外科専門医
 日本体育協会公認スポーツドクター
【出身大学・医局等】
 筑波大学 平成12年卒
 筑波大学 整形外科

医 長
藤井 賢吾
(ふじい けんご)

【専門分野】
 脊椎
【資  格】
 日本整形外科学会整形外科専門医
 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
 日本脊椎脊髄病学会認定医/指導医
 日本臨床神経生理学会 術中脳脊髄モニタリング分野認定医
 日本体育協会公認スポーツドクター
 国際腰椎学会(ISSLS)アクティブメンバー
 医学博士
【出身大学・医局等】
 浜松医科大学 平成17年卒
 筑波大学 整形外科

医 師
中谷 卓史
(なかたに たくし)

【専門分野】
 外傷
 股関節外科
 難治骨折(偽関節、変形癒合、骨髄炎)
【資  格】 
 日本整形外科学会整形外科専門医
 AO Trauma Japan 上級会員
【出身大学・医局等】
 筑波大学 平成22年卒
 筑波大学 整形外科

医 師
小川 佳士
(おがわ かいし)

【専門分野】
 整形外科一般
 肩
【資  格】
 日本整形外科学会整形外科専門医
【出身大学・医局等】
 筑波大学 平成25年卒
 筑波大学 整形外科

医師
市原 琢己
(いちはら たくみ)

【専門分野】
 整形外科一般
【出身大学・医局等】
 東京医科大学 平成27年卒
 筑波大学 整形外科

レジデント
長澤 圭吾
(ながさわ けいご)

 

 

6 治療実績

年度別実績

診療実績

 年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
新患 2,364 2,094 2,260
再来 9,301 8,972 8,416

 

年度別手術実績

 年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
 手術件数 529 529 565

7 学会等認定施設

本整形外科学会専門医制度認定研修施設

【関連リンク(学会ホームページ)】
※ 下記のリンクをクリックされますと当院ホームページとは別のサイトが開きます。
日本整形外科学会ホームページ
筑波大学整形外科ホームページ
一般社団法人「整形外科ネットワーク筑波」ホームページ